BTSにハマったオタクの記録

備忘録としてBTSについて考察したり、データをまとめたり、翻訳したりします。

The Truth Untold(전하지 못한 진심) 日本語訳

f:id:bmtasi:20210714091751j:plain


외로움이 가득히

孤独いっぱいに

 

피어있는 이 Garden

咲いているこの庭園

 

가시투성이

トゲまみれだ

 

이 모래성에 난 날 매었어

この砂の城に僕は僕を縛りつけた

 

 

 

 

너의 이름은 뭔지

君の名前は何だろう

 

갈 곳이 있긴 한지

行く場所があったりするのだろうか

 

Oh, could you tell me

僕に教えてくれないか

 

이 정원에 숨어든 널 봤어

この庭園に忍び込む君を見た

 

 

 

 

And I know

そして僕は知っている

 

너의 온긴 모두 다 진짜란 걸

君の温もりは全て本当だということを

 

푸른 꽃을 꺾는 손

青い花を摘む手

 

잡고 싶지만

握りたいけれど 

 

 

 

 

내 운명인 걸

僕の運命なんだ

 

Don't smile on me

僕に微笑みかけないで

 

Light on me 

僕を照らさないで

 

너에게 다가설 수 없으니까

君に近づくことができないから

 

내겐 불러 줄 이름이 없어

僕には呼んでもらう名前がない

 

 

 

 

You know that I can't

僕ができないと君は知っている

 

Show you me

見せることも

 

Give you me

与えることも

 

초라한 모습 보여 줄 순 없어

みすぼらしい姿見せることができない

 

또 가면을 쓰고 널 만나러 가

また仮面をつけて君に会いに行く

 

But I still want you

でも僕はまだ君が欲しいんだ

 

 

 

 

외로움의 정원에 핀 너를 닮은 꽃

孤独の庭園に咲いた君に似た花

 

주고 싶었지

あげたかったんだ

 

바보 같은 가면을 벗고서

馬鹿みたいな仮面を外して

 

 

 

 

But I know

でも僕は知っている

 

영원히 그럴 수는 없는 걸

永遠にそうすることはできないことを

 

숨어야만 하는 걸 

隠れないといけないことを

 

추한 나니까

醜い僕だから

 

 

 

 

난 두려운 걸

僕は怖いんだ

 

초라해

みすぼらしい

 

I'm so afraid

僕はとても怖い

 

결국엔 너도 날 또 떠나 버릴까

結局は君の僕からまた離れるのだろうか

 

또 가면을 쓰고 널 만나러 가

また仮面をつけて君に会いに行く

 

 

 

 

할 수 있는 건

できることは

 

정원에

庭園に

 

이 세상에

この世界に

 

예쁜 너를 닮은 꽃을 피운 다음

綺麗な君に似た花を咲かせたあと

 

네가 아는 나로 숨쉬는 것

君が知っている僕で息をすること

 

But I still want you

でも僕はまだ君が欲しいんだ

 

I still want you

まだ君が欲しいんだ 

 

 

 

 

어쩌면 그때

もしかするとそのとき

 

조금만 

少しだけ

 

이만큼만

これくらいだけ

 

용길 내서 너의 앞에 섰더라면

勇気を出して君の前に立っていたら

 

지금 모든 건 달라졌을까

今、全てのことは異なっていたのだろうか

 

 

 

 

난 울고 있어

僕は泣いている

 

사라진

消え去った

 

무너진

崩れた

 

홀로 남겨진 이 모래성에서

1人で残されたこの砂の城

 

부서진 가면을 바라보면서

 壊れた仮面を眺めながら

 

 

 

 

And I still want you But I still want you

そして僕はまだ君が欲しい でも僕はまだ君が欲しい

 

But I still want you And I still want you

でも僕はまだ君が欲しい そして僕はまだ君が欲しい

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

メロディも悲しいけど歌詞もまた悲しい…

このアルバムの中の“承”という感じかな。男女の愛で見ると前の2曲で偽りの愛みたいなのに気がついてしまって好きだった彼女と別れを迎えてしまったような。1人の視点で見ると隠していた自分自身の醜さに気がついてしまって心を閉ざしてしまったような。

Dimpleとは全く違ったボーカルラインの歌声を存分に味わえる曲。また別の良さを引き出しているなと。