BTSにハマったオタクの記録

備忘録としてBTSについて考察したり、データをまとめたり、翻訳したりします。

134340 日本語訳

f:id:bmtasi:20210714091751j:plain

 

 

그럴 수만 있다면 물어보고 싶었어

そうすることだけできたなら 聞いてみたかった

 

그때 왜 그랬는지 왜 날 내쫓았는지

そのときどうしてそうだったのか どうして僕を追い払ったのか

 

어떤 이름도 없이 여전히 널 맴도네

どんな名前もない 相変わらず僕をぐるぐる回るんだ

 

작별이 무색해 그 변함없는 색채

別れが色あせ、その変わらない色彩

 

 

 

 

나에겐 이름이 없구나

僕には名前がないんだね

 

나도 너의 별이었는데

僕も君の星だったのに

 

넌 빛이라서 좋겠다

君は光だからいいなあ

 

난 그런 널 받을 뿐인데

僕はそんな君を受けるだけなのに

 

무너진 왕성에

崩れた王城に

 

남은 명이 뭔 의미가 있어

残った命になんの意味があるの

 

죽을 때까지 받겠지

死ぬ時まで受けるんだ

 

네 무더운 시선

君の蒸し暑い視線

 

아직 난 널 돌고 변한 건 없지만

まだ僕は君を回って変わったことはないけれど

 

사랑에 이름이 없다면

愛に名前がないなら

 

모든 게 변한 거야

全てのことが変わったんだ

 

 

 

 

넌 정말로 Eris를 찾아낸 걸까

君は本当にErisを見つけたのか

 

말해 내가 저 달보다 못한 게 뭐야

言って 僕があの月よりできなかったことはなんだ

 

Us는 u의 복수형일 뿐

Usはuの複数形であるだけ

 

어쩌면 거기 처음부터

もしかするとそこに最初から

 

난 없었던 거야

僕はいなかったんだ

 

언젠가 너도 이 말을 이해하겠지

いつか君もこの言葉を理解するだろう

 

나의 계절은 언제나 너였어

僕の季節はいつも君だった

 

내 차가운 심장은 영하 이 사 팔 도

僕の冷たい心臓は氷点下248度

 

네가 날 지운 그날 멈쳤어 Damn

君が僕を絶ったその日止まった

 

 

 

 

난 맴돌고만 있어

僕はぐるぐる回ってばかりいる

 

(난 널 놓쳤어 난 널 잃었어)

僕は君を逃した 僕は君を失った

 

난 헛돌고만 있어

僕は空回りばかりしている

 

(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

君は僕を絶った 君は僕を忘れた 

 

 

 

 

한때는 태양의 세계에 속했던

一時は太陽の世界に属していた

 

(노랜 멈췄어 노랜 몇었어)

歌は止められた 歌は止まった

 

별의 심장엔 탭탭한 안개 층 뿐

星の心臓にはさっぱりしない霧の層だけ

 

(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

君は僕を絶った 君は僕を忘れた 

 

 

 

 

어제와는 그리 다를 건 없네 

昨日とはそれほど違うことはない

 

똑같은 일상 속에 딱 너만 없네 

全く同じ日常の中に君だけいないね

 

분명 어제까지는 함께였는데

確かに昨日までは一緒だったのに

 

무서울 정도로

怖いほどに

 

똑같은 하루 속엔 딱 너만 없네

全く同じ1日の中にはただ君だけいないな

 

솔직히 말해 네가 없던 일 년 쯤

正直言って君がいなかった1年くらい

 

덤덤했지 흔히 말하는 미련도

平然としてるんだ 俗にいう未練も

 

없던 지난 날 이젠 깜빡

なかったすぎた日 もうすっかり

 

네 향기 따윈 기억도 안 나 잠깐

君の匂いなんて記憶にもなかった ちょっとも

 

근데 어디선가 맡아 봤던 향순데

でもどこかで嗅いでみた香水だ

 

기억이 어렴풋이 피어날 즘에

記憶がぼんやりとよみがえるころに

 

저기 저기 고개를 돌려 보니

あちこち首を回してみると

 

환하게 웃으며 다가오는

明るく笑いながら近づく

 

네 옆엔 그

君の横にはその…

 

(안녕?) 안녕

「やあ?」 やあ。

 

어떻게 지내? 나는 뭐 잘 지내

「元気だった?」 僕はまあ元気だったよ

 

허,왠지 터질듯한 내 심장과는 달리

はあ、なぜか張り裂けそうな僕の心臓とは別に

 

이 순간 온도는 영하 이 사 팔

この瞬間温度は氷点下248度 

 

 

 

 

난 맴돌고만 있어

僕はぐるぐる回ってばかりいる

 

(난 널 놓쳤어 난 널 잃었어)

僕は君を逃した 僕は君を失った

 

난 헛돌고만 있어

僕は空回りばかりしている

 

(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

君は僕を絶った 君は僕を忘れた

 

 

 

 

한때는 태양의 세계에 속했던

一時は太陽の世界に属していた

 

(노랜 멈췄어 노랜 몇었어)

歌は止められた 歌は止まった

 

별의 심장엔 탭탭한 안개 층 뿐

星の心臓にはさっぱりしない霧の層だけ

 

(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

君は僕を絶った 君は僕を忘れた

 

 

 

 

난 맴돌고만 있어

僕はぐるぐる回ってばかりいる

 

(안개 너머의 여전히

霧の向こうの相変わらず

 

미소 땐 널 지켜보지

ほほ笑みを帯びた君を見つめるんだ

 

의미도, 너도, 다 없는 불규칙

意味も君も全部ない不規則

 

내 궤도의 현실)

僕の軌道の現実

 

난 맴돌고만 있어

僕はぐるぐる回ってばかりいる

 

(너에겐 기억하기 힘든

君には記憶するのが大変な

 

숫자와 어둠의 Pluto

数字と暗闇のPluto

 

그래도 계속 난

それでもずっと僕は

 

너의 주위를 맴돌겠지 Damn)

君の周囲をぐるぐる回るんだ

 

 

 

 

난 맴돌고만 있어

僕はぐるぐる回ってばかりいる

 

(난 널 놓쳤어 난 널 잃었어)

僕は君を逃した 僕は君を失った

 

난 헛돌고만 있어

僕はから回りばかりしている 

 

(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

君は僕を絶った 君は僕を忘れた

 

 

 

 

한때는 태양의 세계에 속했던

一時は太陽の世界に属していた

 

(노랜 멈췄어 노랜 멋었어)

歌は止められた 歌は止まった

 

별의 심장엔 탭탭한 안개 층 뿐

星の心臓にはさっぱりしない霧の層だけ

 

(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

君は僕を絶った 君は僕を忘れた

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

134340:冥王星。2006年までは太陽系惑星とされてきたが、太陽系研究の進展により冥王星と似た大きさの天体が続々と発見され、冥王星を惑星とみなすことへの疑問の声が広まった。そして、2006年に準惑星に分類され、小惑星番号134340番が与えられた。

 

Eris:冥王星よりわずかに大きいと考えられた準惑星