BTSにハマったオタクの記録

備忘録としてBTSについて考察したり、データをまとめたり、翻訳したりします。

Blue & Gray 日本語訳

f:id:bmtasi:20220127155932j:plain

 

 

 

Where is my angel?

僕の天使はどこ?

 

하루의 끝을 드리운

1日の終わりに垂れた

 

Someone come and save me, please

誰か来て 僕を助けて お願い

 

지친 하루의 한숨뿐

疲れた1日のため息ばかり

 

 

 

 

사람들은 행복한가

人々はみんな幸せそうに見える

 

Can you look at me? ‘Cause I am blue & grey

僕を見てくれる? Blue&Grayだから

 

거울에 비친 눈물의 의미는

鏡に映った涙の意味は

 

웃음에 감춰진 나의 색깔 blue & grey

笑いに隠された僕の色 ブルーとグレー

 

 

 

 

어디서부터 잘못됐는지 모르겠어

どこから間違ったのかよくわからない

 

어려서부터 머릿속엔 파란색 물음표

僕の幼い頃から頭の中には青色のクエスチョンマーク

 

어쩜 그래서 치열하게 살았는지 모르지

どうして熾烈に生きてきたのかわからない

 

But 뒤를 돌아보니 여기 우두커니 서니

でも後ろを振り返るとそこにはぼんやりと立っていて

 

나를 집어삼켜버리는 서슬 퍼런 그림자

僕を飲み込んでしまうあのとても強い影

 

여전히도 파란색 물음표는

相変わらず青色のクエスチョンマーク

 

과연 불안인지 우울인지

果たして不安なのか憂鬱なのか

 

어쩜 정말 후회의 동물인지

もしかすると本当に後悔の動物なのか

 

아니면은 외로움이 낳은 나일지

それとも寂しさが生んだ私なのか

 

여전히 모르겠어 서슬 퍼런 블루

相変わらずわからないとても強いブルー

 

잠식되지 않길 바래 찾을 거야 출구

蝕まれないことを願って探すんだ、出口を

 

 

 

 

I just wanna be happier

僕はただ幸せになりたいんだ

 

차가운 녹여줘

冷たい僕を溶かしてくれ

 

수없이 내민 나의

数えきれないほど差し出した僕の手

 

색깔 없는 메아리

色のないこだま

 

Oh this ground feels so heavier

この地面は重すぎる

 

I am singing by myself

僕はひとりで歌っている

 

I just wanna be happier

僕はただ幸せになりたいんだ

 

이것도 욕심일까

これも大きな欲なのだろうか

 

 

 

 

추운 겨울 거리를 걸을 느낀

寒い冬の街を歩くときに感じた

 

빨라진 심장의 호흡 소릴

速くなった心臓の呼吸音を

 

지금도 느끼곤

今も感じている

 

 

 

 

괜찮다고 하지

大丈夫だって言わないで

 

괜찮지 않으니까

大丈夫じゃないから

 

제발 혼자 두지 말아 너무 아파

どうか1人で置いていかないでとても苦しいんだ

 

 

 

 

걷는 길과 받는

いつも歩く道といつも浴びる光

 

But 오늘은 왠지 낯선 scene

でも今日はなぜか見慣れない風景

 

무뎌진 걸까 무너진 걸까

鈍くなってしまったのか 崩れてしまったのか

 

근데 무겁긴 하다 쇳덩인

でも重さはある この鉄の塊は

 

다가오는 회색 코뿔소

近づいてくる灰色のサイ

 

초점 없이 덩그러니 서있어

焦点なく僕はぽつんと立っている

 

나답지 않아 순간

僕らしくないこの瞬間

 

그냥 무섭지가 않아

ただ怖くはない

 

 

 

 

확신이란 따위 믿어

僕は確信なんて言う神なんかは信じない

 

색채 같은 말은 간지러워

色彩のような言葉はくすぐったい

 

넓은 회색 지대가 편해

広いグレーゾーンが楽だ

 

여기 수억 가지 표정의 Grey

ここに数億ある表情のグレー

 

비가 오면 세상

雨が降ったら僕の世界

 

도시 위로 춤춘다

この都市の上で踊るんだ

 

맑은 날엔 안개를

晴れた日には霧を

 

젖은 날엔 함께

濡れた日にはいつも一緒に

 

여기 모든 먼지들

ここの全てのホコリ

 

위해 축배를

のために祝杯を

 

 

 

 

I just wanna be happier

僕はただ幸せになりたいんだ

 

손의 온길 느껴줘

僕の手の温もりを感じてくれ

 

따뜻하지가 않아서 네가 더욱 필요해

暖かくないから君がもっと必要なんだ

 

Oh this ground feels so heavier

この地面は重たいんだ

 

I am singing by myself

僕はひとりで歌っている

 

훗날 내가 웃게 되면

いつか僕が笑うようになったら

 

말할게 그랬었다고

話すよ そうだったって

 

 

 

 

허공에 떠도는 말을 몰래 주워 담고 나니

宙に漂う言葉をこっそり拾い集めたら

 

이제 새벽잠이 드네 Good night

ようやく朝方に眠りにつく おやすみ